Akito's diary books.

There is only one success - to be able to spend your life in your own way.(by,Christopher Morley/1890~1957)

【旅行】2019年3月度 旧ユーゴスラビア諸国旅行記 5日目 ドゥブロヴニク編 Part.2【海外】

前回:【旅行】2019年3月度 旧ユーゴスラビア諸国旅行記 5日目 ドゥブロヴニク編 Part.1【海外】

f:id:tsukimi3190:20200621132359j:plain

ドゥブロヴニク旧市街の海の玄関、グルーシュ港。

市街からここへ出た途端、気持ちの良い日差しと潮風が出迎えてくれました。

f:id:tsukimi3190:20200621132405j:plain

対面側の市街地。

やはり旧市街地と建物の雰囲気が似ている。

f:id:tsukimi3190:20200621132427j:plain

そして市街内に戻った後、メインストリートを歩いてピレ門の前までに戻りました。

f:id:tsukimi3190:20200621132441j:plain

次はピレ門のすぐ側にあるフランシスコ修道院へ。

個人的には何より、廊下の美しさに感激しました。

それと、中にある世界で三番目に古いと言われているマラ・ブラーチャ薬局は可愛らしい感じで、それも良かったですね。

f:id:tsukimi3190:20200621132508j:plain

階段を登って、グルーシュ港側の展望スポットへ。

ちなみに、この辺にも猫がいました。

f:id:tsukimi3190:20200621132520j:plain

展望スポットから眺めるグルーシュ港の光景。

開放感がたまりませんでした。

f:id:tsukimi3190:20200621132538j:plain

旧市街地の歴史などを紹介している海洋博物館。

当施設は市街の端の方にあり、中でも写真の大砲は一番印象に残っています。

f:id:tsukimi3190:20200621132551j:plain

海洋博物館の外からは、市街側のグルーシュ港の景色を見る事ができます。

ここから眺める港の景色は実に見飽きない物でした。

f:id:tsukimi3190:20200621132612j:plain

海洋博物館を後にした次は、いよいよ城壁の上を歩く事に。

城壁の上と言えば、市街観光のハイライトでもあります。

f:id:tsukimi3190:20200621132633j:plain

 まずは細い道からスタート。

この時からワクワクが止まりませんでした。

 

次回:【旅行】2019年3月度 旧ユーゴスラビア諸国旅行記 5日目 ドゥブロヴニク編 Part.3【海外】 - Nogio Nagatsuki's diary books.

 

 

  • noteでも公開!

note.com