Akito's diary books.

There is only one success - to be able to spend your life in your own way.(by,Christopher Morley/1890~1957)

【旅行】2019年3月度 旧ユーゴスラビア諸国旅行記 8日目 プリトヴィッツェ編【海外】

前回:【旅行】2019年3月度 旧ユーゴスラビア諸国旅行記 7日目 ザダル編【海外】

f:id:tsukimi3190:20211015051029j:plain

クロアチアを代表する自然遺産、「プリトヴィツェ湖群国立公園」。

そこは大小16の湖と92もの滝がエメラルドグリーンの幻想的な景観を織りなす秘境でもあります。

 

8日目の午前中は、当国立公園を観光しました。

f:id:tsukimi3190:20211015051044j:plain

滝群。

この秘境感が実にいい感じ。

f:id:tsukimi3190:20211015051106j:plain

どこまでも続く、流れる水と豊かな緑が織りなす世界。

ボートでゆっくりと川を下ってみたい気分になりました。

f:id:tsukimi3190:20211015051123j:plain

鮮やかなエメラルドの湖。

プリトヴィッツェと言えば、やはりエメラルド色の湖や川。

始めて見た時の感動は未だに忘れられません。

f:id:tsukimi3190:20211015051206j:plain

棚田を思わせる小さな滝郡。

当国立公園はまさに、流水が作り上げた数々のアートの壮大な美術館でもありました。

f:id:tsukimi3190:20211015051229j:plain

エメラルドの湖と金色の草が織り成すコントラスト。

f:id:tsukimi3190:20211015051240j:plain

ぽっかりと開いていた穴。

穴の中には何があるのか気になって仕方がなかったです。

f:id:tsukimi3190:20211015051306j:plain

最後は、ボートに乗って大きい湖の上を移動しました。

ボートに乗っている最中は、デッキの上から周囲の景色を見渡しましたね。

この日はいい天気だった事もあって、気持ちのいい散策にもなりました。

f:id:tsukimi3190:20211015051322j:plain

帰る頃、見事な桜の木をふと見かけました。

この時のクロアチアは春真っ盛りで暖かな感じでもありましたね。

 

その後、首都ザグレブへと移動。

 

 

次回:【旅行】2019年3月度 旧ユーゴスラビア諸国旅行記 8日目 ザグレブ編【海外】

  • noteでも公開!

note.com